ゴキブリ駆除業者に関する情報。 TOP

このサイトについて

人間よりはるか三億年前も昔から、ほとんどその姿形や生態系を変えずに存在し続けている”ゴキブリ”。
日本には世界のゴキブリのおよそ1.5%の236億匹が生息していると言われており、多くの人が苦手としています。
そのため、ゴキブリ駆除を業者に頼むという方がどんどん増えてきています。

ゴキブリ駆除を行う業者は、駆除方法が主に5つのタイプに分けることができます。

●毒をもつエサを使用する

ベイト剤という毒エサをゴキブリが好むエサに混ぜたものを使用する方法です。
ベイト剤はゴキブリを殺虫する成分が含まれています。

ゴキブリの生息が確認できた箇所に、容器に入れた毒エサやホウ酸ダンゴを設置しておくと、夜間活動するゴキブリがエサとして食べるので、どんどん駆除することができます。
多くのゴキブリ駆除業者はこの毒エサを使用しています。
その理由として、薬剤が飛び散らないので安全性があることや、毒エサの効果も約3か月と持続性があるためとされています。

●超音波や電磁波を使用する

超音波や電磁波を発する機械を設置して安全にゴキブリ対策を行うことができます。
ただし、効果を実感するには長い期間が必要になるケースが多く、また機械のレンタル契約を結ばなければならないので、毎月のレンタル料が必要になります。

    コンテンツ一覧

    おすすめ情報

    Copyright(C) ゴキブリ駆除業者に関する情報。 All Rights Reserved.