ゴキブリ駆除業者に関する情報。 TOP > コンテンツ一覧 > ゴキブリ駆除業者が使用するベイト剤の説明。

ゴキブリ駆除業者が使用するベイト剤の説明。

ゴキブリ駆除を業者に依頼するメリットとして挙げられるのが、”ベイト剤施工”です。
ベイト剤とは、ゴキブリ駆除をする際に使用するクリーム状の毒エサを指し、ホウ酸やヒドラメチルノンという成分が使用されています。

ベイト剤はゴキブリが好むエサに混ぜており、ゴキブリはそのエサを食べます。
それにより殺虫成分を体内に取り込みます。
速効性はないですが、およそ2週間ほどで死んでいきます。
卵からふ化したばかりの幼虫も含めてだいたい1か月程度で駆除することができます。

ベイト剤にはいくつかの種類があり、毒エサを食べたゴキブリが巣にもどって糞をします。
その糞を食べた仲間のゴキブリも殺虫成分を体内に取り込み、それをくりかえしていくことで巣ごと壊滅させることができるという相乗効果も期待できます。

また、薬を散布するという方法ではなく、目立たない場所にクリームを施工していくため、安全面でも期待ができます。
この方法を”ベイト剤施工”と言い、市販のゴキブリ用の毒エサを設置するという方式との違いとして、設置場所が挙げられます。

ゴキブリ駆除業者はゴキブリが好みそうな場所や通り道になるような場所を確実に把握し、要所にベイト剤を設置していきます。
無駄な箇所には施工しません。

また、ベイト剤の効果も最大5か月と長期的であり、壊滅も十分期待できるでしょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) ゴキブリ駆除業者に関する情報。 All Rights Reserved.