ゴキブリ駆除業者に関する情報。 TOP > コンテンツ一覧 > ゴキブリ駆除に使用するベイト剤の特徴。

ゴキブリ駆除に使用するベイト剤の特徴。

ゴキブリ駆除業者が使用する毒エサに含まれているベイト剤は、人間への安全性が確保されていながら確実にゴキブリを駆除することができる強力な成分でできています。
一般的なゴキブリ駆除方法として挙げられる薬剤の噴射タイプにはないベイト剤だからこその特徴やメリットとは、どのようなものがあるのでしょうか。
以下に詳細を記載してみました。

●死体について

従来の薬剤を噴射するタイプは速効性があるため、薬剤を浴びたゴキブリはその場で即死します。
一方でベイト剤を使用した毒エサはゴキブリが食べることで体内に殺虫成分が行きわたり、最長で2週間ほどで死にます。
速効性はありませんが、ゴキブリの習性により水気のある場所に移動するため、死体が人の目に触れることはほとんどないと言えます。

●ゴキブリの卵について

薬剤噴射タイプも毒エサタイプも卵への効果はありません。

●ふ化した幼虫について

薬剤噴射タイプの場合は、幼虫のゴキブリは薬剤の影響を一切受けていません。
毒エサタイプの場合は、幼虫期のうちにベイト剤を摂取するので成虫になる前に死にます。

●産卵期の成虫について

薬剤噴射タイプの場合は、新たに薬剤噴射駆除を行わないと成虫になり、産卵期を迎えます。
毒エサタイプの場合は、幼虫期のうちにベイト剤を摂取しているため、産卵期を迎える前に死んでいます。

●外部からの侵入について

薬剤噴射タイプの場合は、新たに薬剤噴射駆除を行わないと予防できません。
毒エサタイプの場合は、外部から侵入してきたゴキブリに対しても駆除することができます。

このように、薬剤噴射タイプは逐一行わなければならず、また見つけたゴキブリにしか対処できません。
一方で、毒エサタイプは速効性がない代わりに巣ごとの駆逐をしたり産卵を防いだり外部から侵入したゴキブリに対しても有効です。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) ゴキブリ駆除業者に関する情報。 All Rights Reserved.